人によって様々 腰痛のタイプと症状

ゴルフというスポーツは身体の捻じれと腰の回転の運動が基本であり、身体の痛みの症状としては腰痛が多いです。

人によって様々 腰痛のタイプと症状

ゴルフというスポーツをしていてよくある症状は腰痛です

人によって様々 腰痛のタイプと症状
ゴルフというスポーツをしていて身体の痛みの症状としては腰痛が多いです。
ゴルフは一方方向への運動が多く、身体を捻って腰を回転させるという運動が基本となります。
ですので、おのずと腰にチカラが入ります。
ゴルフスイングの姿勢も少しお尻を上げて、お尻から背中にかけて張りを持たせるような姿勢となりますので、腰への負担が大きく、腰痛になることが多いです。
ゴルフは相手とボールを投げあったりするわけではありませんので、外部からの衝撃を受けたときような外傷という症状は殆どありません。ゴルフというスポーツで身体に現われる症状としては首の痛みや腰痛が多いです。
回転運動をしますので、身体に軸をイメージして回転運動をするからだと言われています。


ゴルフというスポーツをしていて、腰痛の症状が現われたら、ゆっくりとお風呂に浸かって暖まり、体の筋肉を柔らかくします。
そして、自宅で固い床などで寝るようにしています。
床が固ければ体が沈みこむことがありませんので、体が伸びます。
体が伸びることで固まった筋肉がほぐれますので、腰痛が若干ですが和らぎます。
どうしても腰痛の症状が和らぐことがない場合には整体へ行って解してもらうようにしています。
腰まわりだけではなく背中全体、そして首まわりもほぐしてもらうことで、身体が軽くなります。
ゴルフというスポーツを楽しむ人にとっては、腰痛という症状は天敵です。
腰痛になってゴルフを辞めたという人も多いです。
常に自分の身体をケアできるようなことにも留意することが大切であると感じています。

おすすめ情報

Copyright (C)2018人によって様々 腰痛のタイプと症状.All rights reserved.